お客さんを想う気持ち

 調理師免許を取るために、日頃から料理のことを研究している女性がおられるでしょう。素晴らしい料理を作るには、女性の感性が必要だと思っている方がいるのではないかと思い、味だけではなくて目で見て楽しめるような料理をお客さんに提供してくれる女性料理人を求めていることが窺えてくるのです。女性料理人がお客さんに対して納得のいく料理を提供できたときに、自分の仕事に誇りを持てるようになると思うのです。お客様は神様だ、という基本姿勢を持つことで、料理を通した女性の仕事に携わっていることの意義を明確にしていくことでしょう。
 女性の仕事を代表するものは料理だと思っている女性がいることでしょう。お客さんの中には、料理の美味しさを追及することの他に、女性が心を込めて作った料理を堪能したいと思っていることが考えられるのです。女性料理人は、お客さんに満足してもらえるような料理を提供することが、女性の仕事を頑張る者としての使命になるのです。
 一人前の料理人になることを目標にしている女性にとって、調理師免許を取ることから全ての始まりになると捉えていることでしょう。女性が料理の仕事をすることで、料理業界を変革していくかもしれないという期待を抱いている方がいても不思議ではないのです。料理を通したお客さんとのつながりが実現されたときに、女性料理人としてのプライドが芽生えていくことでしょう。そのプライドがある限り、質の高い料理をお客さんに提供していこうという意識を抱き続けると思うのです。